『沈黙のWebライティング』てどんな本?書評

沈黙のWebライティング 表紙の画像書評
ろいど
ろいど
どうも!ロボットのように働くアラフォー会社員、ろいどです!
今回ご紹介する本がこちら⇩

『沈黙のWebライティング』

―Webマーケッター ボーンの激闘―

著者:松尾茂起(株式会社ウェブライダー)

作画:上野高史

発行:エムディエヌコーポレーション 2016年11月11日 初版発行

ページ数 : 631(厚さ31ミリ)

定価:(本体2000円+税)

難易度:★★★☆☆(普通)

 

私がブログを始めたきっかけは、ブログやYouTubeで有名な坂内 学(ばんない まなぶ)さんです。

そんなマナブさんがこの本を紹介していました。

だからといって、すぐに飛びついたワケではないのですが、、、

「もっとブログを書くスキルを上げたい!」

そんな気持ちが、ブログを続けてるうちに徐々に高まってきたんです。

そして以前から興味のあったこの本を今回買って読んでみました!

 

「気になっている本だが、中身がどんな内容なのか知ってから買うか検討したい!」

という方もきっといると思います。

この記事がそんな方の参考になれば幸いです。

 

<こんな方にオススメ>

  • 「webライティングのノウハウを知りたい!」
  • 「seoを意識したコンテンツの作り方を知りたい!」
  • 「記事のリライトの仕方を勉強したい!」

この記事では、私の感想を交えながら『どんな本なのか?』を書いていきます!

沈黙のWebライティング 裏表紙の画像

沈黙のWebライティング 裏表紙

『沈黙のWebライティング』てどんな本?書評

私は”ライティングスキルを上げたい”という気持ちからこの本を読んでみました。

読み始めてすぐに「えっ?」て思ったこと。

それは、この本には『沈黙のWebマーケティング』という前書があったんです。

なので本書は第2作目にあたります。

『沈黙のWebマーケティング』の存在は知っていたのですが、ストーリーが繋がってるとは知らなかった、、、

自分としては”マーケティング”というより”ライティング”を知りたいという気持ちの方が強かったので本書を選びました。

結果的には、2作目にあたる本書から読んでも全然問題なく楽しめたので、そこは強調しておきます。

 

読みやすいストーリー形式

沈黙のWebライティング(左) 沈黙のWebマーケティング(右)

沈黙のWebライティング(左) 沈黙のWebマーケティング(右)

本書と前書で共通する見た目が、サングラスを掛けたマッチョな(北斗の拳みたいな)男のキャラが載っているという点。

この男がこの本の主人公のボーン・片桐という男です。

この本は、ライティングノウハウをストーリー形式でまとめてあり、漫画のような感覚で読むことができます。

沈黙のWebライティング ストーリー形式

沈黙のWebライティング ストーリー形式

本書と前書でストーリーは繋がっていますが、本書からでも問題なく読めるようになっていました。

ここで本書のストーリーがどんな話なのかを簡単に説明します。

主人公であるボーン・片桐が正義の味方という位置づけで、悪徳な会社であるタオパイ社から「みやび屋」という旅館を救うという話。

登場人物相関図の画像

登場人物相関図

一見なにかのパクリ漫画かなという印象を受けるのですが、これが読んでみると思った以上のクオリティで面白いんです。

そして、ストーリーの区切りでノウハウのまとめページになっていて、[ヴェロニカ先生の特別講義]の部分がそれにあたります。

[ヴェロニカ先生の特別講義]の画像

[ヴェロニカ先生の特別講義]

学習しながらストーリーを楽しめてとても読みやすかったし、全部で631ページというボリュームですが、意外と楽に読むことができました。

 

本書で得られるライティングノウハウの内容

・Googleから評価されるWebコンテンツの作り方

・USP(独自の強み)の必要性や活かし方について

・わかりやすい文章を書くためのポイント

・SEOで成果を出すための論理的思考法

・SEOを軸としたコンテンツマーケティングについて

 

私としても、あのマナブさんをはじめ、色んな方のブログやYouTube、有料note等でノウハウを学んでいますが、そういったノウハウの基本を押さえた内容が、本書には書かれているなと感じました。

本書のストーリーでは主にウェブサイトでのライティングノウハウの話ですが、ブログ記事を書くことにそのまま応用できる内容でした。

なので、自分のブログ記事作成にドンドン応用していきたいと思います。

 

他にも、予想以上に有益な内容だなと思ったのがこちら⇩

・インタビュー取材を成功させるためのポイント

・SEO向け記事の執筆が得意なライターさんの見つけ方

・ライターさんのマネジメントについて

・ソーシャルメディア(TwitterやFacebook)でのバズに繋がるコンテンツ作成のコツ

ウェブライターさんや、記事を外注したい方ブログとSNSの連携を狙いたい方にも勉強になる内容です。

ここまで書かれているというのは、私としては正直嬉しいですし、お得感を感じました!

 

本書を読んだことによる気付き・感想

私にとって勉強になることが盛り沢山な本だったのですが、そのなかでも1番の気付きになったことが⇩

「メーカーが言えないことを第三者視点で発信できる」

このことが個人ブログの強みであり、ブログに求められることだと思ったんです。

なので、今後のブログ記事では『第三者視点』を意識してを書いてみようと思います。

 

実は、この本を読み進めるうえで少し不安だったのが、本書に書いてあるSEOに関しての内容について。

この本が約4年前に出たということもあり、情報が古くて的外れなのではないか?という心配がありましたが、読んでみて安心しました。

「検索ユーザーにとって利便性の高いコンテンツをGoogleは評価する」

これを軸に、SEOの基本を押さえた内容が書かれていました。

この部分の基本理念は、現在のSEOでも変わっていないし今後も変わらないと思われます。

したがって、初版の出版から約4年経った現在でもこの本は有益だと私は判断しました。

なので何度も読み返して、この本のノウハウを身に付けていきたい思います。

 

そして、良い本だなと感じるとともに気になってしまうのが前書の存在。

結局ブログライティングというのはマーケティングと繋がるものだと思いますし、今後マーケティングのことも勉強したいと思っています。

なので、前書の『沈黙のWebマーケティング』も近々読んでみたいですし、読んだ際はまたブログ記事で紹介していきたいと思います。

 

『沈黙のWebライティング』てどんな本?著者紹介・目次

〈構成・執筆〉

松尾茂起(まつお・しげおき)

京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」の代表として、様々なWebコンテンツのプロデュースやWebマーケティング支援を行う。また、松尾シゲオキ名義では作曲家、ピアニストとしても活動。3枚のCDをリリースするほか、「国民文化祭 京都2011」のPRイベントの楽曲をプロデュース。本質を捉えるプランニングを軸とし、様々なフィールドで活動中。好きな言葉は「マンドリル」。

「ウェブライダー」ホームページ

 

〈作画〉

上野高史(うえの・たかし)

奈良県宇陀市出身。美術系大学の在学中にイラストレーターとしての仕事を開始し、現在、京都を拠点にフリーランスとして活動中。キャラクターデザインを中心に、書籍やWebコンテンツ向けのイラストレーションを手掛ける画材はアナログでは主に鉛筆・アクリル絵の具、デジタルではAdobe Photoshopを使用。コーヒーとチョコレートをこよなく愛する。

カバー袖の著者紹介より

 

ろいど
ろいど
『沈黙のWebライティング』の目次をざっと紹介⇩

目次

・前作のあらすじ

・本書の購入者専用特設ページについて

・登場人物相関図

episode01 SEOライティングの鼓動

[ヴェロニカ先生の特別講義]SEOを意識したコンテンツを作るカギ

episode02 解き放たれたUSP

[ヴェロニカ先生の特別講義]「USP」を最大限に活かすコンテンツ

episode03 リライトと推敲の狭間に

[ヴェロニカ先生の特別講義]わかりやすい文章を書くためのポイント

episode04 愛と論理のオウンドメディア

[ヴェロニカ先生の特別講義]論理的思考をSEOに結び付ける

episode05 秩序なき引用、失われたオマージュ

[ヴェロニカ先生の特別講義]オウンドメディアに必要なSEO思考

episode06 嵐を呼ぶインタビュー

[ヴェロニカ先生の特別講義]SEOに強いライターの育成法

episode07 今、すべてを沈黙させる・・・!!

[ヴェロニカ先生の特別講義]バズにつながるコンテンツ作成のコツ

epilogue 沈黙のその先に

 

『沈黙のWebライティング』を読んでみよう!

ろいど
ろいど
今回の記事をまとめます!
こんな方にオススメ

・「webライティングのノウハウを知りたい!」

・「seoを意識したコンテンツの作り方を知りたい!」

・「記事のリライトの仕方を勉強したい!」

 

【この本の特徴】

『沈黙のWebマーケティング』という前書があるが、本書から読んでも問題なし。

ライティングノウハウをストーリー形式でまとめてあり読みやすい!

ノウハウのまとめページ[ヴェロニカ先生の特別講義]が勉強になる。

 

【本書で得られるライティングノウハウの内容】

・Googleから評価されるWebコンテンツの作り方・USP(独自の強み)の必要性や活かし方について

・わかりやすい文章を書くためのポイント

・SEOで成果を出すための論理的思考法

・SEOを軸としたコンテンツマーケティングについて

 

【本書で得られるその他のノウハウ】

・インタビュー取材を成功させるためのポイント・SEO向け記事の執筆が得意なライターさんの見つけ方

・ライターさんのマネジメントについて

・ソーシャルメディア(TwitterやFacebook)でのバズに繋がるコンテンツ作成のコツ

 

【気付き・感想】

・「メーカーが言えないことを第三者視点で発信できる」ということが個人ブログの強み

・本書に書いてあるSEOに関しての内容は、初版の出版から約4年経った現在でも有益

・前書の『沈黙のWebマーケティング』も読んでみたい

 

ろいど
ろいど
Webライティングのノウハウが充実していて読みやすさ抜群な一冊!

 

著者の関連本

前書の第1作目がこちら⇩

ろいど
ろいど
最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました! 今後の記事も是非読んでください!

コメント